ラ・プロヴァンス@インターコンチネンタル東京ベイ【食レポ】

どうもクロロです。

先日、東京都港区にあるラ・プロヴァンスに行ってきました。

ラ・プロヴァンスとはインターコンチネンタル東京ベイの中にあるレストランのことです。

その中でも、ホテル内の客室で夜景を見ながら食べられるコースがありましたので、それを予約しました。

その部屋は18階。
海とレインボーブリッジと高層ビルの夜景を楽しむことができるロケーションとなっていました。

ただ、その日は台風なので窓に水滴があったりなどして、鮮明に夜景が見えませんでした。

▽至福のフランス産キャヴィア

▽パレット・アート・オードヴル

▽季節の前菜 旬の素材を

オードブルがかなり多彩です。
キャビアの量が多く、しっかりとキャビアを堪能できました。

▽オマール海老 シェフのインスピレーション

▽阿蘇あか牛ロース肉とトリュフソース

オマール海老とあか牛ロース肉。
どちらも料理のクオリティは高い印象でした。

▽季節果実とソルベのグラン・デセール

メレンゲと生チョコが美味しかったと彼女が言ってました。

感想・評価

一人66,000円のコースでしたが、ロケーション代でだいぶボラれている印象w

ただ、料理の質は高く、工芸品のように手が込んでいました。
こういうのは女性には大変好まれますね。

自分は好みの料理ではなかったのですが、彼女はかなり満足していたようでした。

飲み物はシャンパン・白ワイン・赤ワインと飲んだのですが、どれも美味しかったのでかなり飲み過ぎちゃいました。
いいお酒ですので気持ちよく酔えましたね。

ホテルの一室でのディナーということで、別の階のレストランからスタッフが料理を運んできます。
その為、冷めても味に影響の少ない料理中心となっており、逆にいうと温かい料理は楽しめない内容となっています。

個人的には温かい料理が好きなので、そういう意味ではこういったプランのコースは自分好みではないという感想です。
それでも、彼女が喜んでいたので来てよかったですね。

■評価
料理★★☆☆☆
接客★★★★☆
店内★★★★☆

コメントを残す